このページは全て 妄想 です。


2009年梅雨ぐらいに放送されるかもしれなくなくなくなくなくなくないVS嵐。

VS嵐〜(ニノちゃんカメラにぐりぐり)
〜 OPトーク
翔:もうすぐ7月という事で、夏ですね!何か夏のご予定は?大野さん。
大:釣りです。
二:まだ黒くなるの?いい加減にしてぇ〜?見てくださいよ、この腕。
 (4人にやんややんやされる大ちゃん)
翔:さぁ、今回のゲストの方々ですけれども、女優さんお二人とイケメン…?がお一人という事で。
 (客席「イケメン」に反応)
相:女優さんだけでいいんじゃない?
潤:十分ですよ。(イケメンには)帰ってもらいましょう。
二:でも女優さんも一人お母さんみたいだからなぁ…大丈夫ですか?体動くんですか?あの方(笑)
翔:気になるところですけれども(笑)それではお呼びいたしましょう!こちらの方々です、どうぞー。
 (3人登場:なんか文句言いながら駆け下りる斗真くん、にこにこあいちゃん、愛想よく手振る松じゅんさん)
翔:本日のゲスト、生田斗真さん、加藤あいさん、松本じゅんさんでーす!
 (拍手)
斗:ちょっと!
潤:はい?
斗:帰れってどういう事ですか、おかしいでしょゲストに。
二:あ、今日は番宣ですか?
斗:番宣ですけども!(笑)
二:魔王裁判?
 (大ちゃんアップで「↑魔王?」テロップ)
斗:違います、魔女裁判です。
二:魔女王裁判。
斗:違います、魔女裁判です。

翔:加藤あいちゃんは何かスポーツは?
二:阿藤快ちゃん。
潤:オイ(笑)
二:え?(笑)
加:(笑)水泳をやってました。
二:阿藤快ちゃん。
翔:違います(笑)加藤あいちゃんです。
二:あ、違いましたっけ。
 (余談ですけどぉ、天近コンビの絡みも見たいなぁ)
 (あとじゅんいく+あいちゃんの堀越ネタも)

翔:さぁ、松本じゅんさん!
松:ニックネームは松じゅんですv
 (潤の「え?」みたいな顔アップσ(・ω・)俺?とかやってたら可愛い)
 (ひとしきり松じゅんさんいじり)

翔:というわけでよろしくお願いしまーす。
斗:あっ、すいません!すいませーん!
 (嵐側にツッコんでいく斗真くんに押さえつける嵐マイナス大ちゃん←後方で1人笑ってる)
二:わーかったよ!何かスポーツ得意なのあんの?
斗:僕サッカーやってました。
相:翔ちゃん一緒じゃん。
 (牽制しあう斗真くんVS翔ちゃん。小競り合いとかわちゃもちゃしてればいい)
二:ひっくい争いだな。
翔:オイ!(笑)

〜対決その1:クリフクライム
ローリングコインタワーとフォーリングパイプはまぁ決定として、あと1つが悩みどころです。
最近とんと出番の無いデンジャラスサーファーとキャッチングブリッジは除外。
女性2人なので体力的にジャンピングシューターも無し。
バンクボウリングは個人プレイで絡みも少ないしつまらないので勘弁していただきたい。
残るは、ピンボールランナーorクリフクライム。
正直なところどっちも斗真くんが活躍する姿を想像できないのですが(笑)
女性陣が声張るよりもグリップを投げる方が楽かな〜という理由でここはクリフクライムをチョイス。
(カゴ背負って口開けながらわっせわっせ走って、疲れてへたりこんだ挙句に「重い!」と文句たれる斗真くんも惜しいが)

翔:1つ目の対決はクリフ、クライム〜!
  さぁ、魔女裁判チームはどなたが登りますか?
斗:はいっ、僕が…
二:松じゅん行く?行っちゃう?
 (ちょっとノって行こうとする松じゅんさん)
相:行っちゃえ、松じゅん!
大:松じゅん行けっ。
潤:ちょっとさぁ、連呼するのやめてくれる?(笑)

→クライマー:斗真くん、サポーター:あいちゃん&松じゅんさん
翔:斗真くん、作戦は?
斗:作戦?作戦は…こー右から行って…
相:全部取るの?イケメンは。
潤:自称イケメン。
斗:自称してないよ!

翔:お二人は投げるのとか得意ですか?
加:あんまり…(笑)
松:得意です☆
二:得意なの!?
相:松じゅんすごいよ、松潤。(潤に向かって)
潤:うるせぇよっ。

10点は一応問題なくゲット→30点の段で足滑らせてアワワワワとかどんくさい所も披露しつつ、
(この辺で笑ってる嵐ちゃん映像が挿入されると喜びます)
女性陣とまったく息の合わないダメっぷりも挟みつつ、どうにか時間内に登りきって100点ゲットでどうでしょう。
(どうでしょうって言われてもね)
まぁ男性ゲストは平均250点ぐらいなので、斗真くんは230点あたりかなと。

潤:カッコ良く降りてきてください(笑)
斗:えっ、カッコ良く?…トゥ!
 (中途半端な飛び方になって「うきは様フライングやればいいじゃない!」と文句言います。私が)
 (↑妄想に対して妄想して怒る人)
翔:どうでしたか?やってみて。
斗:結構キツイですね〜。
加:グリップが全然…(笑)
相:3回ぐらい失敗してたよね?チームワーク良くないんじゃない?
潤:ちゃんと投げてたのになぁ?(いつの間にか松じゅんさんの隣へ移動して肩組んでる)
二:そーだよ、松じゅんも阿藤快ちゃんもちゃんと投げてたよ。
斗:加藤あい!(笑)

→クライマー:翔ちゃん、サポーター:相葉さん
二:翔ちゃん、見せてやれ!
翔:おぅ!(例の古臭いキラーン☆)
相:どうやって行く作戦?全取り?
翔:もちろん全取りです。レベルの違い、見せてやります。(キラーン☆)
二:ダメそぉ、あの人…ンフフフフフ(笑)
 (今書いてて気付いちゃったけど、櫻葉が出場中という事はこの時の並び順はじゅんいくがお隣なんですね!
  ハーネスを尻に食い込ませた翔ちゃんをつまみにキャッキャッしてれば良いと思う!ひゃっほぅ!)

こんな盛大なフリをしていくので、当然翔ちゃんは斗真くん以下のポイントです。190点でどうだ。
なんか無茶してにのあいに首根っこ捕まれても素知らぬ顔。
降りる時も面白ポイント追加してぜひ手叩いて笑う斗・潤・大・二の4ショットを見せてください。

相:レベルの違い見せるんじゃなかったの!?
二:なんでアレでいけると思ったのがわからない。
斗:途中ですーごいおかしな動きしてたけど(笑)
翔:ね?俺もびっくりした。
相:「ね?」じゃないよ(笑)

〜対決その2:ローリングコインタワー
→チャレンジャー:ニノ&相葉さん、あいちゃん&松じゅんさん
斗真くん出番無しです。出番無しという事は大ちゃん・翔ちゃん・潤と待機組です。言いたい事はわかりますね?
とは言え、通常3人組ゲストのあぶれ者はチャレンジャーの隣でお手伝いをするので、
まぁ意外と気が利かない男・生田斗真が嵐待機組にぼんやり混じる可能性も無きにしも非ずですが、
そこはそれやはり松じゅんさんの隣に待機するのではないかと思います。
そして「同じ"まつじゅん"でしょ!!」とか言って潤も連れて来てしまえばいいと思います。
壊滅的な結婚式の絵から魔女を導き出してくれた空気の読める松じゅんさんですから、
斗真くんに乗っかって潤をおいでおいでしてくれるはずです。
え、んな事あるわけねーだろって?いいんです、これ全部妄想ですから。

さすがにあいちゃんは慎重にいくと思いますが、ニノに口攻撃されてキャーキャーしてほしい。
しっとり系美人さんもいいけどテンション上がって騒々しいあいちゃんも見たいんだ!
松じゅんさんは背小さいからな〜。159cmだと後半辛いよね。
この前苦しんでたノンスタ井上さんより小さい?と思って検索したら、井上さん165cmって。うっそーん。
それはさておき、小さいゆえに後半はピョコピョコ背伸びしながら必死で置くわけです。
その動きがまたみんなのツボにハマって笑いを誘うわけです。

見えます見えます、両手にコインを持ちながらのけぞって笑ってるニノが。
見えます見えます、松じゅんさんの足元でキャッキャッ喜んで応援してるじゅんいくが。
見えます見えます、笑って手が震えた結果まんまとタワーをぶち倒す相葉さんが。

というわけで、結果は嵐チーム240点、魔女チーム270点(170+ボーナス100)でどーだ。端数は略ね。

二:卑怯でしょ、あれ!(笑)
斗:何がですか!一生懸命頑張ってましたよ(笑)
翔:頑張ってた、確かに頑張ってた(笑)
相:だってプルプル…ムフフフフ(笑)
 (じゅんいくでプルプル松じゅんさんの真似…と・か・ね!HA-HA-HA!!)

〜対決その3:フォーリングパイプ
→キャッチ:潤、チョイス:松じゅんさん
まぁ可能なら全部MAIN内で振り分けてほしいけどそうもいかんざき。
そうなるとやはり"まつじゅん"対決はネタ的に外せないのではないかと。

相:松潤頑張ってー!
斗:松じゅん頑張って!
相:あ、松潤?松じゅん?
翔:松潤?
斗:松じゅん?
潤:うるせぇよ!(笑)
 (斗真くんの「まつじゅん」(not松じゅん)が聞きたいのでひたすらいじり倒していただきたく)
 (柵の中からツッコミ入れる潤とそれ見て笑う外野を想像しただけで萌え死にそうです。かぁわいいいなぁぁ!)

松じゅんさんの揺さぶりネタはスタッフ調べだろうから何が出るかわかりませんが、
伊藤アナ:ではまいります。フォーリングパイプ、スタート!
松:松本潤さんv
潤:はい(笑)
とりあえずこんなやりとりはあると思う。と言うかやってほしい。そしてまた外野がキャッキャッしてればいい!

ネタ以上に松じゅんさんに動揺するも、ここは潤の読みが当たって250点(100+50+ボーナス100)ゲット。
斗:まつじゅんすごーい!
えぇ、ビックリ顔の斗真くんの口から全ひらがなの「まつじゅん」が聞きたいんです。欲望に忠実ですが何か☆
あとハイタッチにもぜひちゃっかり参加の方向で。いいよね、よくやってるもんね、敵チームとハイタッチ。

→キャッチ:あいちゃん、チョイス:ニノ
翔ちゃんと悩んだけど、慣れた女子に態度のデカいニノが好きなので(笑)
でもネタは潤から仕入れた堀越ネタとか。そして3人で堀越体操披露してしまえ。
ついでに鍵のかかったロッカーからなぜジャージを拝借できたのか解明してください。あいちゃん無関係やがな。

伊藤アナ:ではまいります。フォーリングパイプ、スタート!
二:阿藤快さん。
加:違います!(笑)
ごめん、このネタくだらなくて大好きなんです私(笑)

両手キャッチは難しいだろうから片手だけで50点ぐらいかなぁ。
みんなで「女子でそれはすごいすごい^^」とかチヤホヤされてほしいです。だって可愛いから!

→キャッチ:大ちゃん、チョイス:斗真くん
"まつじゅん"対決と同じでここの対決も鉄板でありそうだ。
ちなみにここまでの合計、嵐チーム680点、魔女チーム550点。点差130点。
180点以上ゲットすれば(=点差が310点以上になれば)嵐チームの勝ちなので、
50+30のダブルキャッチをした場合、ボーナス100点が加わってゲーム終了です。
オイオイ、最終対決までまわってもらわないと困るZE!妄想だからどうにでもなるけど!

二:魔王対決。
翔:そうね、魔王対決(笑)
(大ちゃんアップでキリッ顔。斗真くんアップでキリッ顔。BGM:truth)
二:実際どうなんですか?撮影中仲悪かったんでしょ?
斗:仲悪くないよ!(笑)やめてください、そういう事言うの〜。
翔:大野さん的にはどうだったんですか?
大:最悪でした。
斗:えぇぇぇぇぇ!
相:最悪…(笑)
斗:そんな事ないです!今回もドラマ始まる前にメールもらったんですよ。
潤:写真付きでね?(←やーん、なんで知ってるの(>_<*)って盛り上がるところです。私が)
斗:そう、大野くんが釣りやってる写真付きで(笑)
二:意味わかんねーよ(笑)
翔:あなた、たまにそういうメールくれますけどあれは何なんですか?(笑)
大:意味は無いです。

揺さぶりネタは魔王撮影時の裏話と見せかけて結局日焼けで怒られたネタとか。
斗真くんの事だから、それ何度か聞いてるんだけど!!って話に違いないです。←ひどい。
まぁもしかしたら何かネタ練ってくるかも。…かも?うん、なさそう。←ひ(略)

読みは外れるけどタイミングが間に合って、30+30+ボーナス100の160点でいかがでしょう。
嵐チーム840点、魔女チーム550点。その差290点。
斗:あっっっぶね〜〜〜!
って言っておいてなぜか大ちゃんともハイタッチ。
↑嵐自身も自分たちのピンチなのによくやってるからOKOK。無問題。可愛いは正義です。

→キャッチ:斗真くん、チョイス:潤
今回の各ゲームのチャレンジャーの配置は、すべてここから逆算した事を白状しておきます。
だって見たいんだもーーーーーーーーーーーーーん!!!あぁ開き直るさ、開き直るとも。
まぁじゅんいくのやりとりが大前提なので、別にキャッチとチョイスは逆でも良かったのですが
他の対決との兼ね合い等によりこれに落ち着きました。

とりあえず柵の中のパンダ斗真くんとチョイス台から顔の上半分だけだした潤が
見詰め合ってる図を想像しただけでもかわゆすぎて吐きそう!Yabai!!
立ち位置の関係で必然的上目遣いの潤と必然的見下し顔の斗真くんとか!Yabai!!!
まぁ斗真くんは座り込んで普通の顔でもいいんですけど!
って言うかその構図ならやっぱり逆も見てみたいな!
そんで頭頂部だけ台からはみ出て、
相:モジャモジャ(笑)
二:モジャモジャ出てる(笑)
とかにのあいにいじられれたり!Yabaiiii!!!アハハハハハハ!←落ち着いてください。

…こほん。
最初の設定に戻りまして。
翔:300点いけそうですか?
斗:えぇ〜…
二:じゃあやめますか?
斗:やめないです!
二:やめる。
斗:やめないって言ってんじゃん!(笑)
 (そんないざこざを尻目にチョイス決定する潤)
斗:もう決めたの?
潤:決めました(ニヤニヤ)
翔:斗真くん、予想は?
二:もう2本に絞っちゃった方がいいよ。
 (果たしてニノが斗真くんにこんな真っ当なアドバイスをくれるだろうか、という気も)
 (むしろ恐ろしく適当なアドバイスをしてほしいです)

…ってねー!ここ悩むねー!
予想ピッタリならピッタリで「やだもーじゅんいく、シンクロ超!!!やっぱり双子〜〜vvv」
ハズれたらハズれたで「アハアハ、後であれ絶対潤に文句言うよ、そしてアホ喧嘩、ウハウハ」
どちらへ転ぼうと完全に(そして気持ち悪く)萌えられる自信があります。ありがとうございます。
まぁ予想が当たったところで斗真くんが300点ゲットできるわきゃーねぇと踏んでいるので(笑)
いずれにせよ結果は見えてます。
今こそ見せてやれ、「惜しい男」の真骨頂…!←こらこら。

斗:…(構える→潤をチラッ→構える)
潤:…(台に腕置いてニヤニヤ)
伊藤アナ:ではまいります。ゲストチーム、奇跡の逆転なるか。フォーリングパイプ、スタート!
 (一旦CM入りまーす)
 (チラッ&ニヤニヤはじゅんいくリピートポイントです)

前述の通り300点取れるわきゃない上に、ゲームの勝敗なんて究極にどうでもいいので(笑)
何点ゲットでもいいんだけど…片方だけ取って50点とか中途半端な点数かと☆
いっそ予想は当たってるのに両方取れない「ジャニーズなのに!?」的ミラクル起こしてほしいけど、
それはそれで無い無い、というそんな男だと思います。生田斗真。
って言うかここ結果が出ちゃうとほぼ絡み無しでEDに切り替わっちゃうんだよね。
そうか、だったら1stキャッチに斗真くんが出ればいいのか!
でも唯一の男性でしかも一応主役なのに最後を女性に任せるって、それも何か変だしなぁ。
まぁ妄想ですけど。

〜EDトーク
ここは個人的にスタジオEDではなく楽屋EDを推したい!(スタジオトークもあっていいんだけど)
そして普段潤が座ってる場所にしれっと松じゅんさんに座っていただきたい!
松じゅんさんがそこに座る=潤と入れ替わる=潤が松じゅんさんの場所へ.*・゜゚・*:.。.:*・゜
もちろん魔女チームがカメラ手前(あんま映らないけど)にいる前提です。

翔:久々に斗真と共演だったねー。
相:ね。
二:ちょろかったですね。
大:うんうん。
翔:松潤はどうでした?
松:ちょろかったねぇ。(ニコニコ)(←真ん中に座ってる)
 (爆笑する4人が映った後、カメラ切り替わって魔女チーム(仮)が映るわけです)
 (手叩いて笑うじゅんいくとか肩バシバシして笑うじゅんいくとかなんかもうとりあえずじゅんいくとか!!!)

ついでに魔女裁判の宣伝も必要でしょ?あの参加賞みたいなの持ってスタジオ裏(?)で撮るやつ。
あれも楽屋で撮っちゃいましょう。誰に提案してるんだろう私。
斗:「魔女裁判」今夜11時10分から最終回(知らんけど)です!
加&松:ぜひ見てください♪
潤:見てね〜☆
生放送で「ハチクロ見てねっ☆」ができたコなんだからできるはず。
3人の前に思いっきりかぶって手振ったりできるはず。
斗真くんもちゃんとそれにツッコミ入れたりできるはず。
潤の後ろから覗き込んで一緒に手振る事もできるはず。できるはずーーーーー!(遠吠え)


以上、妄想終了!
読み返してみてどう考えてもニノがこんなに茶々入れてくれるとは思えないけど(笑)
別にニノが特にアクションしなければ「斗真係は潤だって思ってるからだよね〜(>▽<*)」
潤の目線が斗真くんの方向なら「これ画面の外で絶対斗真くんと目合ってるよね〜(>▽<*)」(逆ももちろん)
斗真くんがコインタワーに参加して上手かろう日には「潤がもらったコインタワーで練習したのね〜(>▽<*)」
…と勝手に補完するので、実際の放送がどんな形でも全然問題ありません。
だって同じ画面に映ってるんだから!!
過去何年も同じ画面に映ってないのに妄想してたんだから大丈夫です。超余裕です。
改めて書いたら残念にもほどがあるお知らせですね。
ちなみに上記の補完例は過去に実践済みです☆

でもほら、ここ最近の共演時の事を思い出すと、毎回予想の斜め上をジェット機で飛んでいるし。
潤がツンを忘れてデレりまくりだったり、ご機嫌ちゃんでピョンコピョンコ跳ねてたり、
斗真くんが名残惜しげに潤の腕ごとにぎにぎしてたり、有り得ないくらい理不尽に責めたり(笑)

というわけで、今回も事実は妄想より奇なりッ!な、はずだ!たぶん!(弱気)







[ BACK ]