レコメン! '05.2.10 O.A. part2

ヨコ→横・斗真→斗・ヒナ→村・リスナー→リ、ね。

横:さぁスーパーレコメンボーイズ、木曜日はあるなし大辞典でございます。
   男の子が知りたい、女の子の本音について4人の女の子に電話を繋いで聞き出すコーナーでございます。
   早速リスナーの女の子4人が電話に出てくれるので呼んでみましょう。
   まずは会員番号…うわ、もう328番ですね。もしもし、お名前は?
リ:ミキです。
横:ミキちゃん!何歳だ、このやろー。
リ:14歳です。
横:お!そうかっ。
斗:その中〜途半端な絡みはなんですか(笑)
横:わからへん。もうテンションでやってしまおうかなっていう。
斗:アハハハハ。中3ですね。
横:中3ですか。好みのタレントさんとかいますか?
リ:村上くんです。
横:あ〜どういう所がいいんですか?ヒナちゃんの。
リ:しっかりしてるしカッコイイからです。
横:じゃあ今回の入浴シーンは生唾ごっくんもんですね。
斗:アハハ。
横:前回の入浴シーン見ました?
リ:はい、見ました。
横:どうでした?
リ:カッコよかったです。
横:カッコイイってなにそれ?入浴シーンがカッコイイってなに?(笑)
斗:肌がこう…出てるからじゃないかな。
横:どこまで出てたの?
斗:わっかんないんだけどね。どの辺まで出てたのかな?
横:腹筋は見えたの?
リ:見えませんでした。
横:見えてないの!?
斗:バストアップぐらいなんじゃないすか?
横:バストアップなの?なんやあいつしょーもないなぁ。半ケツぐらいしたらえぇのに。
斗:アハハ。山下1回半ケツしましたよ、ドラマで。
横:うそぉ。
斗:半ケツと言うか全ケツですけどね。
横:俺もしたで、昔。大阪のローカル番組で。白いケツ、プリン!って出したで。
斗:アハハハハ!
横:プリンプリーン!!ってしたよ。
斗:それ、なんか怒られたとかいうやつじゃなかったっけ?
横:違う違う違う違う。ほんまにそういうシーンでやったんやけどね。
斗:あ、それは違うやつか。へ〜。

横:じゃあ次の方を呼んでまいりたいと思います。329番の方、ユキちゃんですか。年齢の方は?
リ:15歳です。(←おっとりした話し方だった)
横:ん〜そうですか〜。
斗:ものっすごいしゃべり方つられてるでしょ(笑)
横:好みのタレントさんは?
リ:横山くんと村上くんです。
横:変わりもんですよ。
斗:アハハハハ。なにがいいですか?ヨコとヒナの。
横:横山、村上を同時に好きという事はもうかなりのクセモノと。巨人で言うと元木さんですから。
斗:ちょっとわかりづらいっすけど(笑)
横:あぁそうですか。どういう所がいいんですか、僕ら2人の。
リ:おもしろい所です。
横:あーもうそこ「だけ」みたいなところもありますからね。
リ:そんな事ないです(笑)
横:そんな事ありますよ〜ユキちゃん。頑張るからね、ユキちゃんのために。ありがとうね。

横:じゃあ次の方呼んでいきたいと思います。もしもし、お名前は?
リ:アズサです。
横:年齢の方は?
リ:20歳です。
横:お〜好みのタレントさんは?
リ:斗真くんです。
斗:あーありがとうございます。
横:どういう所がいいですか?
リ:もうすべてです。
横:すべて。しいてあげるなら?
リ:歌もダンスもカッコイイ所です。
斗:ありがとうございまっす。
横:……そっかなぁ?
斗:アハハハ!ありがとうございます。
横:いや確かに斗真は歌ってる時はちょっとカッコイイ時ありますよね。
斗:ほんとですか。
横:うん。でも最近は歌ってないらしいやんか。
斗:最近…まぁ舞台で、ウエストサイドでちょこちょこやってましたけどね。
横:斗真、ソロ曲も持ってんねんなぁ、なんか?
斗:ウエストサイドで?
横:ちゃうちゃうちゃう。なんかオリジナル曲、斗真のやつあるって言うてたやん。
斗:あぁっ、あるある。
横:なにですか、タイトル?(笑)
斗:なんだっけな。「ごめんよ哀愁」とかいうやつ(笑)
横:アハハハハ!
斗:それも1回か2回くらいしか歌ってないの。SHOCKに出た時に、あのーなんか…笑いすぎだよ!(笑)
  (後ろでヨコがヒィヒィ言って笑ってる)SHOCKに出た時に僕がケガをして、
   斗真が帰ってきた!って言ってその曲がガン!って入るんですよ。
横:「ごめんよ哀愁」が(笑)
斗:「ごめんよ哀愁」がかかるわけですよ。
横:そうですかぁ、それちょっと聞いてみたいですけどね。
斗:ぜひぜひ。

横:次の方いってみたいと思います。もしもし?
リ:もしもし!
横:おっ、元気だ。お名前は?
リ:アヤカです。
横:年齢は? リ:14歳です。
横:なんか好きな人がいるとかいないとか。なんかあんの?
リ:あ…います。
横:おるけど泥沼状態みたいな?
リ:ちょっと幸せそうなんで応援してます、みたいな。
横:どういう意味?あぁ、向こうにはもう彼女がおんねや。じゃあどうすんの、チョコとかは?
リ:あげないです。
横:あげへんの。見守っとくの?
リ:はい。温かく見守ってます。
斗:切ないね。
横:切ないね。でもアヤカちゃん、いい事あるよ。大丈夫や、頑張ろ。
斗:全然大丈夫。
横:好きなタレントさんはいますか?
リ:亮ちゃんです。
横:亮ちゃん。亮ちゃんのどういう所がいいですか?
リ:全部カッコイイですね。
横:錦戸は最近ね、男前になってきておりますから。
斗:男前になったね〜亮ちゃんも。
横:ぜひとも応援してあげてくださいね。はい、今日のテーマを発表したいと思います。
  「自分からは絶対に告白しない男、有りか無しか」になっておりますけども、
   斗真の方は有りですか、無しですか。
斗:まぁ…まぁ、有りじゃないですか?
横:僕は絶っ対しないですからね。
斗:うん。
横:僕はもう絶対しないです。
斗:アハハ。しないですか(笑)自分からは絶対いかない?
横:絶対いかないです。
斗:すごく好きな人がいても?
横:いかない。
斗:待ってる?
横:待ってます。
斗:向こうが来なかったらどうすんの?じゃあ。
横:ん?僕はものっすごいガラスのような女心ですから。
斗:アハハハハ!女心ってあんた男だろ(笑)
横:ンフフ。ほんまいかれへん。恥ずかしいよね、そういうの。
斗:あーそうですか。
横:じゃあちょっと答えていってもらいたいと思いますけども。まずはミキちゃんからです。
   有りですか無しですか?
リ:有りです。
横:これはいい?自分からは来ぉへん男も。なんかギュッとしたくなる感情ですか?
リ:はい。
横:やっぱ母性本能や、こういうものって。
斗:そうですよね。
横:じゃあミキちゃんからすれば男と女、どっちから告白すべきやと思いますか?
リ:女の子からです。
横:まぁじ!?
斗:あ、そぉ〜。
横:やっぱ女の子は強いで!最近の。
斗:強い、うん。
横:こりゃ…変わってきてるよな。
斗:いつから?(笑)
横:だって昔はそうやんか?男性から絶対いかなあかん、みたいな固定概念があるやんか。
   それがちょっとずつ取れてきてんねんもん、今は。女性の方が強いなぁと思いますけどね。
   ミキちゃんはした事ありますか?
リ:あります。
横:はぁ〜すごいな。
斗:それは成功したんですか?
リ:いえ、してないです。
横:それでもそうやって言えるって事はすごいよ。
斗:すごいよね。
横:強い心を持ってんねんな。ありがとうございますね。

横:じゃあ次の方、ユキちゃんは有りでしょうか無しでしょうか?
リ:有りです。
横:うわ、すごいなみんな。
斗:すごいすごい。
横:実際ユキちゃんは告白した事ある?
リ:無いです。
横:無いんや。それでも自分が好きになった男性ができたら、告白したいと思うんや。
   それはなに、恥ずかしいとか無いの?
リ:無いです。
横:やっぱ俺みたいな男性が増えてきてんねんて。
斗:どういう男性?
横:こう…自分からいかれへん、恥ずかしい男性みたいなのがね。だからそうなると
   女性からいかなしゃあないやないかって事ですよ。斗真はさっき言うてたけど、
   自分から告白するって言うてたよね?
斗:僕は自分から言いたい人ですねぇ。
横:すごい。なんて告白するんでしたっけ?
斗:え?(笑)僕は普通に言いますよ。そんなクサイ台詞とか別に吐きませんし。
横:誰に言ったんですか?
斗:だから、それは僕の胸の内にとどめさせてください。
横:いやですねぇ。
斗:公共の電波に乗せて言う事じゃないと思うんで(笑)
横:なんでですか?あずみの宣伝言う前にそっち言うてほしいなと。
斗:アハハハハ!あーそうですかぁ。
横:じゃあ機会があれば今度ね。
斗:はい、そうですね。はい。
横:適当にやっておりますけども(笑)
斗:(笑)

横:じゃあアズサちゃんは有りでしょうか無しでしょうか?
リ:無しです。
横:無し!
斗:無し。来ましたね。
横:斗真みたいなタイプがいいと。斗真がタイプや言うてるもんね。
リ:はい。
横:斗真にどうやって告白されたいですか?
リ:え、もう斗真くんが想いを伝えられるように…
横:じゃあ斗真、告白してみてくださいよ。
斗:えぇ?
横:アズサちゃんに。アズサちゃんネーム入りで。
斗:えぇ?…アズサちゃん、好きだよー!
リ:(笑)
斗:アハハハハ!……よしっ、次いこ!(笑)
横:(沈黙)
斗:なーんでなんも言わないんだよぉっ!!
横:え?
斗:なんでさぁ!確かに俺は全っ然おもしろくない事言ったかもしれないよ?
横:僕フォローとかしませんよ、そういうの(笑)
斗:ひどいよ、それ。
横:ヒナはするかもしれませんけど僕はしないですよ。ンフフフ。
斗:ほんっとひどいよ?
横:僕は人がすべった時が一番嬉しいですからね!
斗:アハハハハ!
横:ンハハハハ。
斗:自分すべった時はさぁ、なんか人巻き込むくせにさぁ。
横:僕は人がすべった顔が大っ好きなんですね〜これ。
斗:僕はだから普通にストレートに言います!
横:今みたいにね?「好きです」と伝えれたらいいんじゃないかと。
斗:はい、気持ちが大事ですから。

横:じゃあ次の方、アヤカちゃん。有りでしょうか無しでしょうか?
リ:無しです。
斗:おぉ。無しが来ましたね、また。
横:これはなんで?
リ:やっぱりドーン!って言ってほしいですね。
横:男たる者はビシッとおった方がえぇんじゃないかという事でございますか。
   やっぱそうなんかな?こういう方はおるのやろな。やっぱドラマとかってそうじゃない?
   どれ見ても男性から告白するのが多いよね。
斗:うーん…まぁ、まぁそうですかねぇ?
横:女性からするドラマってあんまなくない?あるん?ごめん、なんか最近ドラマ見てないから…
斗:アハハ。まぁあるっちゃあると思いますよ?
横:でもそんな無いでしょ?…誰もあんまうなづいてくれないですけど(笑)
斗:(笑)
横:なぜこんなほったらかしにするのか。
斗:なにをもってヨコはそう言ってるのかがちょっとわからないんで。
横:いやいや、そうでしょ!?そうよね?
斗:いや、あるよ。女の人からいくっていうのも。
横:なっぜうなづかないのかと(笑)
斗:アハハハハ!もう完無視ですからね。
横:完無視ですから。こんな感じで今日の結果が50%となりましたけども。
   まぁね、やっぱ女性の方はどっちでもいいって思ってんじゃないですかね。
   好きだったら告白したらいい、みたいな考えがあると思いますからね。今日は50%になりました。
   (宛先略)以上、スーパーレコメンボーイズでした。

斗:バレンタイン直前、あるなし大辞典スペシャル!!
横:はい、いよいよ来週の月曜日に迫ったバレンタインを前に女の子の本音をあるなし形式で
   いろいろ聞いていきます。今回は1人に対してテーマは1つ。女の子が答える前に有りか無しか、
   どう答えるかを僕と斗真が予想します。それを何勝何敗かと数えていき、勝った方には
   最終的にプレゼントがあります。ここまでは斗真が2勝、横山が0勝ということでございます。
   勝った方にはプレゼントがありますから、ガチでやっておりますから、ぜひとも気抜かないように。
斗:はいっ、了解。任してくれ。
横:早速電話でしゃべりたいと思います。もしもし、ハルナちゃんですか?
リ:はい。こんばんワンツー。
横:こんばんワンツー。
斗:こんばんワンツっ。
横:今年はバレンタインはあげたりしますか?
リ:あげるけど友達と義理チョコを何個かって感じです。
横:本命の子には?
リ:本命はいないですね。
横:本命はいないんですか。じゃあタレントさんでは?
リ:生田くんです。
斗:おっ、ありがとうございますっ。
横:イクタック。
斗:イクタックです。
横:ンフフ、懐かしいな(笑)
斗:アハハハ。
横:斗真のどういう所がいいんですか?
リ:カッコイイじゃないですか、すごい。
横:ほー。わっからへんね、僕にはわからないとこです。
斗:そうですか。そういう物好きな人もいるんですよ(笑)ありがとう!
横:アハハハハ!なんかあれやなぁ、僕と斗真って似てるよな。
斗:似てるかぁ?
横:似てる似てる。
斗:そーぉ?(←ちょっと嬉しそう)
横:似てる似てる。雑草っぽいところが(笑)
斗:なに、雑草って(笑)「踏まれても踏まれても」的な?
横:ンフフフフ。うん、似てる感じがしますわ。じゃあテーマ言いますか。
   テーマは「バレンタイン前にチョコをくれくれと言う男、有りか無しか」
   これは…じゃあ斗真からいっていいよ、あっ、俺からいかして!
斗:さっきだってヨコからいったじゃん。
横:お前勝ってるやんけ!
斗:いいよ、じゃあ。
横:考えろや、番組のこと。
斗:アハハ。いいよ。
横:お前が勝ってどうすんねん。
斗:いいよ、ヨコがいって。
横:じゃあえーっと…どうしようかな?
斗:悩むなよ!(笑)
横:これ、無しやね。
斗:無し?じゃあ俺は有りだね。くれくれって言わないのがヨコでしょ?なるほど。
横:じゃあ言っちゃってください。
リ:有りです。
斗:おぉー来た(笑)
横:なんで?
斗:来た来た来た来た。
横:普通無しなんちゃうの?
斗:たぶんきっとあれだよ、なんか、そういうさぁ人いるじゃん。
   下ネタを爽やかに言える男がカッコイイ、みたいなよく言うじゃない?そっち系じゃないすか?
横:…いや、全然たとえが悪いと思う。
斗:(笑)だから変にきばってなくてカッコよくギャグで「くれよ」って言える男なんですよ、きっと。
横:いやいやいや、それは無いわぁ。
斗:アハハ。横山さん、テンションだだ下がりですけど。
横:なんでぇ?なんなん、それ?だって「くれ、オイ、くれやー」言われたら…言い方の問題やろ?
斗:言い方の問題だよね、きっと。
横:なんやねん…もういいや、もうやめる。
斗:アハハハハ!
横:もうえぇわ、負けで…。ハルナちゃん、ちょっと斗真贔屓もあったでしょ、今?
リ:いや、違いますよ(笑)
横:なに?マジでゲームしすぎ、俺?
斗:(笑)どんな理由でハルナちゃんは有りなんですか?
リ:周りでそんな言う人はいないんですけど「ちょうだいよ」とか言ったら普通にあげれる感じで。
横:そっかそうか、素直な気持ちで考えたらえぇねんな。わかった、ごめん。
   ちょっと裏読みすぎたわ。この後横山大逆転もあるかもしれないんで、聞いといてください。
   次の方どんどんいこう、バイバイ!
斗:アハハハ!なんでそう適当にあしらうわけ?(笑)
横:だから今あかんと思ったからバイバイは言おうと思ったんやんかぁ。バイバーイ。
リ:4月にあずみ見に行くんで頑張ってください。
斗:あーありがとう!待ってるよ〜。
横:はいはーい。(←適当)
斗:ちょっと!なんで流すの!?
横:なにが(笑)
斗:今あずみの話ちらっと振ってくれたのにさぁ(笑)
横:ごめんごめんごめん。
斗:なんで流すの?
横:(さえぎるように)アヤコちゃんもしもしー!
リ:…は!?
斗:「は!?」って言われてるよ(笑)
横:アヤコちゃん、年齢の方は?
リ:えっと17歳。
横:じゃあ高校2年生。
リ:はいっ。
横:はいっ(←リスナーの真似)
リ:アハッ。
横:アハッ、そっかー☆(←同上)
斗:(笑)
横:バレンタインの予定は?好きな子にあげたりすんの?
リ:あります。
斗:本命ですか?
リ:はい。
横&斗:おぉ〜。
横:どきどきしてる?
リ:してます。
横:まだ付き合ってないんでしょ?
リ:付き合ってないです。
横:そん時に結果出すってことでしょ?
リ:いや…。
横:想いは乗っけへんの?
リ:乗っけません。
横:ふーん、そうなんやぁ。乗っけちゃえばいいじゃない。
リ:いや、無理ですよ。
横:なんで。
リ:だって気まずくなるじゃないですか。
横:あーやっぱこういうねアヤコちゃんみたいな子もいるねんて。
   でもね、もしできたら頑張って想いを乗っけてもいんじゃないかなと思いますけども。
   タレントでは誰のファンとかありますか?
リ:えっと…錦戸くんで。
横:錦戸くん「で」って。
斗:「お願いします」みたいな(笑)
横:じゃあテーマ早速いきますよ。「チョコをもらった数を自慢する男、有りか無しか」
   ちょっとこれ僕からいきますよ。
斗:なんでよ!さっきもヨコばっかじゃーんっ。
横:これはもうしゃあないやん。じゃあ僕、無しですよ。
斗:じゃあ僕は有りですよね。でもこれも言い方だと思うよ。
横:そんなん言うなって、お前。
斗:やっぱさ、照れ隠しで「俺こんなもらっちゃったよ〜」とかおもしろく言える人はOKだと思う。
横:でもそんなん言うたとしてももらってへん人にしたらごっつ嫌なコメントやんか。
斗:まぁまぁまぁ、でも。
横:これはもう判断出すんは…
斗:アヤコちゃんですからね。
横:アヤコちゃんですから。じゃあアヤコちゃん、有りか無しかどっちでしょうか。
リ:無しです。
横:ほら!3勝3敗ということでね。
斗:ちょっと!違う違う!なんでそんななんの。
横:え?
斗:3勝1敗でしょ?
横:なんで?そっちの方がおもしろいやんか。
斗:ンフフ。おもしろくないわ!
横:3勝1敗でいいですよ、じゃあ3勝1敗ということで。やっぱ無しよな?そんなんしょうもないもんな。
リ:なんか嫌ですよね。
横:男は黙っとけと、そんな事はな?そやんなぁ?
リ:いや、そこまででもないけど。
横:なんやん、それぇ。
斗:全然乗っかってくれなかったね(笑)
横:全然乗っかってくれへん。
斗:まぁそうですよ。男は黙ってる方がいいっすよ。
横:月曜日のバレンタイン頑張ってな、応援するから。もし結果出たりしたらメールとか送って。
   ありがとう。じゃあこの後も聞いてください。バイバーイ。
斗:バイバーイ。
横:さいならー。
リ:さよなら〜。
横:あぁ今の可愛いですね。「さよなら〜」っていうね。
斗:アハハ。
横:はい。ここまで3勝1敗ということで、この後もどんどんやっていきますからね。あるなし大辞典スペシャル、
   まだまだ続きます。ここでレコメンチェックです。メロン記念日で「肉体は正直なEROS」

▼ 「TOKIO ザ・ライド」のエンディングにて太一くんから指令。
太:青森県のマイちゃんからの振りです。「この後2人でCHEMISTRYの歌を歌ってくれます」
   という事でございます。これは俺もこれは振れなかった(笑)こんな所あったかーって思ったね。
   という事で2人がCHEMISTRYになって歌ってくれるということでございます。それではまた来週、バイバイ!

横:…じゃあ斗真で。
斗:ちょっと待てよ!ちょっと待てよ!(笑)
横:CHEMISTRYはなんて言うんですかね…僕が歌ったりしたら失礼なんですよ、やっぱり。
斗:なんかCHEMISTRYの真似とかよくしてるやん、ヨコ。
横:してへんよ、よ。(←動揺)
斗:アハハハ!俺見たことあるもん。CHEMISTRYの物真似はね、横山さんものすっごいうまいですから。
横:いや、してないしてない。何を言うてんの。
斗:ちょっと横山さんにいいとこ見してもらおうかなと思います。
横:じゃあ斗真のCHEMISTRYまで…
斗:ヨコのCHEMISTRYまで…
横&斗:3,2,1,キュー!
斗:タハハハ!
横:なんやねん、お前!(笑)
斗:なーにがだよっ(笑)
横:じゃあじゃんけんで負けた人。
斗:いいよ。最初はグー、じゃんけんほい。あいこでしょっ。
横:最初はグー!
斗:最初はグー!じゃんけんほい!
横:よっし!!
斗:あー!負けた〜(笑)
横:はい、斗真のCHEMISTRYまで3,2,1,どうぞっ。
斗:♪ん〜ふふふ〜
横:…。
斗:…もうCHEMISTRYなんてあんまわっかんないもーん、ぶっちゃけぇ。(←グレてる)
横:プフフ…(笑)
斗:いや、ここでさぁ、ちょっと待って、ここでさぁ、ヨコだったらどうする!?ヨコだったらどうする!?
   せっかくだから2人やっとこうよ!
横:いやいやいや、俺さっきじゃんけんで勝ったもん、勝ったもん。
斗:横山さんのCHEMISTRYまで3,2,1,どうぞ!
横:えーじゃあ太一くん、来週もよろしくお願いしまーす(笑)ここでレコメンチェックです。
   安良城紅で「Miracle」です、どうぞ。

横:メールの方が届いてるみたいなんで斗真の方から読んでいただきましょう。
斗:はい、ラジオネーム・サヤカさんからです。
横:♪ふぅ〜うぅ〜(←さっきの斗真くんの真似)
斗:「突然ですが横山くんひどいです!ちゃんと斗真くんに宣伝させてあげてください。お願いします」
横:ひどいっつったら斗真のCHEMISTRYでしょう(笑)
斗:アハハハハ!引っ張らなくてよくない!?それはぁ。
横:♪ふぅ〜うぅ〜
斗:「宣伝させてあげてください」ってことですから…
横:♪ふぅ〜うぅぅ〜
斗:僕もう1回ちゃんと宣伝します!あずみの殺陣はですねぇ…
横:♪うぅぅぅ〜ふぅ〜
斗:あのー…今回、まぁ、あのー…
横:♪うぅ〜ん〜〜
斗:アハハ!もう!
横:ウハハハハ(笑)
斗:あれですよ、ワイヤーアクションもちょこちょこ使おうかみたいな話になってるわけですよ。
横:♪うぅぅうぅ〜っ〜
斗:まぁフライングと言われるやつなんですけど…
横:♪うぅうっ、ふぅう〜〜
斗:それを使った殺陣もやっていこうじゃないかみたいな感じでやってますけども…
横:♪ふぅぅ〜っ〜うぅっぅ〜〜
斗:あとですね、NHKの「御宿かわせみ」という、今回時代劇なんですけども…
横:♪ふぅっ?(←歌いながら返事してる)
斗:ドラマで4月からオンエア予定なんでその辺もちょっとチェックしていただきたいなと思ってまして。
   あとですね、あれです、演技者!演技者の座長の公演と言うか、座長が決まりましてですね、
   それも火曜日ですよ。「劇団演技者。」という番組で風間俊介と「眠れる森の死体」という題名で
   やってますので、ぜひチェックしていただきたいなと。
横:これもういいですか?
斗:え?
横:そんだけ宣伝していただいたら。
斗:なにがですか。もっと言いたい事はたくさんあるよ。
横:僕の、斗真のCHEMISTRYも邪魔して押し切ってまでやった宣伝はそれでいいですか。
斗:アハハハハ!なにがですか。
横:♪ふぅ〜うぅ〜
斗:ヨコもさっきさぁ、見に来てくれるって言ったじゃん、あずみ。
横:なにが?
斗:見に来てくれるって言ったじゃん。
横:行きますよ。4月4日に。
斗:ヨコもちょっと楽しみにしててくださいよ。
横:行きますよ、じゃあほんまに。4日に行きます、僕。
斗:3日の初日明けて次の日ですか。
横:次の日に行きますよ。
斗:ほんとですか?
横:じゃあほんまに4日に行くようにしますよ。
斗:いいよ。
横:やっぱ5日にします。
斗:アハハ。その違いはなんなんですか?
横:いや、5日の方がコンディションが僕たぶんいいんで。
斗:あぁほんとですか(笑)
横:それは楽しみに。
斗:じゃあ5日に待ってますんで。
横:この後もまだまだ全国ゾーン(←噛んだ?)の方にいくんで聞いていただきたいなと思います。
斗:はーい。
横:最後まで横山裕でした(笑)

24時台へ >>

以上のトーク内容の著作権は出演者他、番組関係者各位に属します。
また当サイトは放送局とは一切関係ありません。




[ BACK ] [ HOME ]