嵐 LIVE 2005 〜 One SUMMER TOUR 〜
'05.8.24 in 代々木第一体育館

※ところどころ当日の日記を引用してるのでテンションがおかしいのは見逃してくだすゎい。
キ○ガイのようなテンションの日記はこちら


クレーンの位置が違うかもー  前書き 

アリーナA1後列。右図の「ムービング」の「ー」のあたりかなぁ。
そう埋もれることもなく、なにより斗真くんと嵐の絡みを観察できる位置で嬉しかったです。

 Yes?No?

 言葉より大切なもの

嵐ちゃんが客を煽るじゃないですか。
そんでね、斗真くんもサビの振り(手を前後に振るだけだけど)とかやっちゃえばいいのに!って思ってたの。
って言うか嵐メンも誰か煽っちゃってくれないかしら〜アハハ〜なんて思ってたの。
そしたら潤が!♪wow wow〜のところで斗真くんの前で止まって手ブンブン振って煽って!
それ見た斗真くんが座りながらも上半身を前にのめらせて楽しそうに両手ブンブン前後に振って!
GYAOOOOOOOOUUUUUU!!!
お母さん!もうこれ見ただけで私満足!今すぐ還りたい!(土に!)
…とか殊勝な事を考えてたのにその後に更なる萌えが待っているとは。

 ハダシの未来

一番近いせり上がりに相葉さんが乗ってたのですが、これが凄くて…。なにが凄いって腰の動きが
スタンド側を向いて踊ってるんでお尻を真下から眺めるような状態だったんですね。
(えぇもう裸なら穴まで見えちゃうよ、みたいな←どんな例えですか)
なにあの動き。あそこだけ違う生き物みたいじゃない?相葉雅紀の腰には魔物が棲んでるよ!
グリングリン回転する下半身をあんな角度で眺められるなんて思いませんでした(笑)眼福。

 Lai-Lai-Lai

歌後のご挨拶。
潤「ハイ、ハニー」
斗真くん呼んでるよ。
潤「ハイ、ハニー?」
斗真くん呼んでるってば…ってあっれー?もしかしてファンに言ってたのぉ?気付かなかったよ、キャハ☆
と脳内コントを繰り広げつつ「むしろそんな事言っちゃうあなたがハニー!」とかツッコんでたわけですが、
潤のこの手の羞恥プレイみたいな言動が実は大好きなのでキャーキャー言ってました。
なにが好きなんだろうね。甘い言葉なはずなのに言葉責めに聞こえるところかな(笑)

潤「たくさんいるけど1人1人とイチャイチャしてくから」
や、そんなワタクシめなんぞ放置していただいて構いませんのでその分ゲストのあのコと…!

翔「コンサート終わったら夏終わっちゃうじゃん」
客「やだー」
翔「やだやだやだやだぁ〜」←地団駄踏み踏み。
ぶはっ、ブッサ…!(笑)
ごめん、やだやだ言う顔がクシャおじさんみたいになってて爆笑してしまいました。
本人は「可愛い面を見せつつ」と言ってましたが全然!全然見えてないよ!

 いつかのSummer(相葉ソロ)

翔くんとのお約束で登場からフゥーフゥー言ってる客。
それに応えて「ウギャァァォゥ!」な相葉さん。なんだこの危ない集団(笑)
声がかなり枯れてたようで歌いづらそうでした。
代々木前半で真横から見た時は相葉さんのあまりの細さと薄さに衝撃を受けたものですが、
正面から見るとあんまりそれは伝わらないのね。(それでも十分細いけど)
しかし可愛いなぁ。

 秘密(ニノソロ)

前回相葉さんの可愛さに呆けてたせいで冒頭を見逃してしまったニノソロ。今回はバッチリ見たよ!
しかし2度ともお尻側から見たので可愛さを堪能しきれてない気がするんだな。
DVDが出たら(出てよね?出せよ?)真っ先に見たいわぁ。

 Rain(大野ソロ)

手はぎゅっと組んで胸の前!顔はうっとりと!目は離さずに!
↑大ちゃんソロにおける私の基本姿勢。
だって王子カッコイイんだもん〜(くねくね)

 Easy Crazy Break Down

上手側ににのあいが出てくるのはこれだっけ?
真面目な雰囲気の中で相葉さんは噴き出してるしニノも笑ってるし緊張感ゼロでおかしかったです。

 時代

 サクラ咲ケ

ムービングステージー!!
残念ながら真下に入る事はできませんでしたがムービングステージ寄りの席だったのでほくほく。
こっち側の端に来てくれるととても近くに見えました。
そうそう、大ちゃんが目合わせてピースしてくれた!(と勘違いできる近さだった)
「うんうん」と頷きながらマシュマロ笑顔でピース☆
…ギャ、仏様がいる…ッ。メロメロさ、あぁメロメロだとも。

 EYES WITH DELIGHT

これまたここじゃないかもだけど相葉さんが翔くんにおぶさってて可愛かったー。

 Hey!Hey!Lovin' you

 ROMANCE

 MC+地獄の缶蹴り  →

 夏の名前

 Days

下手側外周奥(バックステ側)から二・相・翔、上手側外周が潤・大。
近くにいた翔くんを観賞しすぎてあまり歌を聞いてなかったところなぜか会場内に笑いが。
え、なに?どったの?と思ってスクリーンを見ると大ちゃんがかすかに笑ってる?
どうやら歌詞間違えたらしいですね。全然気付かなかった(笑)

 夢でいいから(翔ソロ)

 W/ME(潤ソロ)

これ見た斗真くんは一体どんな反応してるのかしら。
あとで楽屋行って真似とかして茶化したりするのかしら。それで潤に怒られたりね!うひゃひゃ!
…と完全に楽しい世界にトびながら見ていたのでニヤニヤニヤニヤしちゃってね。
ごめんね潤くんキモいよねごめんね。
でも隣にいた相方は「あの絡むダンサーが斗真くんだったら…」とか想像して楽しんでたらしいんだ。
ごめんねキモい2人組でごめんね。
でも公演後に「斗真くんがあの衣装着たらハードゲイだよね」という話に落ち着いたから許して。
↑なんの解決にもなってませんよ。

…いやぁ楽しい時間だった。

 RIGHT BACK TO YOU

 感謝カンゲキ雨嵐

外周にいた大ちゃんがこっち向いてくれてお手振りだのピースだのしてたのね。
そこで今しかねぇ!と「投げチューして★」と書いてあるアイタタうちわを見せてみたら
口だけでチュッてやってくれたの。もちろんマシュマロ笑顔。
…。
オッケェェェ、勘違いした!思い込み上等!!あれは私宛てのチューだ!(笑)

 PIKA☆☆NCHI

 a Day in Our Life

 君のために僕がいる

 明日に向かって吠えろ

 la tormenta

相葉さんを紹介するニノを近くで見られたのが嬉しかった(笑)
翔ちゃんは紹介されてる間中ずーっと腰振りながらヘソピをちろちろちろちろいじりやがって!
なんだ!何をされたいんだ!何かしていいのか!

 A・RA・SHI

 素晴らしき世界

 アンコール

 Hero

アンコで出てきて斗真くん側の外周を歩いてたニノと大ちゃん。
2人をじーっと見てた斗真くんと目が合ったらしく、斗真くんが指をピラピラさせて手振ってました。
ちょっとアヒル口で微笑む斗真くんがすごい可愛かった…そしてその状況に萌えまくり…。

その後また関係者席の前を通りがかった大ちゃんが、斗真くんに向かってちゅばっと投げチュー!
そしたら斗真くんも満面の笑みで両手でちゅばっと投げチュー。
ギャフォッ、可愛すぎて死ぬ…!

更に色紙を持って通りがかったニノが「いる〜?いる〜?」って感じで斗真くんへ投げるフリ。
「いらないいらない(笑)」と手を振る斗真くん。
脳内萌え容量がいっぱいになって頭がポン!って言った気がするよ。かーわーいーいーーー。

 ココロチラリ

事前情報としてYさんから聞いていたにのあいの色紙投げ@メインステをチェキ。
ニノの色紙を相葉さんが持ってニノの口にちゅーっ。
相葉さんの色紙をニノが持って相葉さんの口にちゅーっ。
それを「せーのっ」でアリーナ席へ放り投げ、軌跡を口開けて眺めるにのあい。
ひゅるるるると落ちたと思ったら背後から銀テープがパーン!
それにびっくりしてキャーとその場にひっくり返って笑いあう…ってなんなの、あの可愛い生き物たちはー!!
意味わかんないけどあの瞬間「世界はにのあいのためにある」と思いました(笑)
ちゅーしてる側の顔が「んー」ってなってるのも超可愛い。君ら最高だよ。

挨拶でJr.から花束をもらった嵐ちゃん。
「俺らの名前はなーんだ?」で手を繋ごうとするも片手に花束、片手にマイクで繋ぎづらい。
あぁしかもにのあいってばお互い花束持ってる手同士だからうまく繋げないじゃない、もう!
…とやきもきしてたらあなた、試行錯誤の末に腕組みやがりましたよ。
花束持って腕組んで…うんうん、幸せそうでなによりだね、もう勝手にしてくれ(笑)

 Wアンコール

 Lucky Man

アンコとWアンコの間に関係者席から斗真くんが消えたのね。期待しちゃっていいのかな。
いや期待して出ないとかさ、ほらよくあるし、ね、ね、ね。
潤「ちょっと素敵なお兄さんが来てくれて」
キキキキキターーーーーーーー!!!!
しかも潤が迎えに行ったよ!と思ったらさっさと1人で斗真くん出てきちゃったよ!
(↑でも潤が裏で「斗真っ」って呼んだのが聞こえたから満足)
やべぇぇぇぇぇぇ可愛いぃぃぃぃぃぃぃ。
ニノがお迎えしてくれて2人でくっついてこそこそ。あっ、身長差が…。
ちなみにこの時興奮しすぎて口の中に指を突っ込んだのは私だけの秘密だ。
とんでもない奇声をあげそうだったので咄嗟に指噛んでたのね。
歯型ギリギリですよ。痛かったですよ。(いろんな意味で)

そして「どうする、トオル」とか言ってもう1人連れてくる潤。
誰よトオルって。振り付け師さん?その割に随分人気あるみたいだけど…って岡田くんか!
帽子取るまで全く誰だかわかりませんでした。(にのとまを見るのに必死で・笑)
翔くんは途中から来たらしい岡田くんに全く気付いてなかったそうで、
「ぶっさん、いつ来たのぉ…」と本気で目ぇまんまるくして驚いてる様子が可愛かったです。

岡田くんが軽く挨拶してる間、ニノと斗真くんはお互い耳元でこしょこしょ話してて
「あっち行く?(笑)」みたいな雰囲気でした。なに話してたんだろー可愛かったよー。

潤「新メンバー2人加わったところでやっちゃう?」
そ、そんな嬉しくて切ないこと言わないでくれっ。
冗談どころか言った先から忘れてるような言葉でもこっちは喜んじゃうんだから。

そんなこんなでラッキーメン。
斗真くんは相葉さんと大ちゃんと下手側外周へ。
自分でマイク持ってるけどなぜか相葉さんが斗真くんにマイクを向けてくれて(笑)
「メーン!」「メーン!」やってました。
あまり曲を把握できてなくて(?)ぐだぐだだったけど2人が絡んでるだけで萌えーなのでかまわん。
大ちゃんと腰抱き合って歩く事が結構多かったり。仲良しさんなのね〜。

最初は3人で一緒に歩いてたんだけど、大野相葉組が立ち止まってお手振りしていたために
気付いたら1人で先に行ってしまっていた斗真くん。
ふと後ろを振り返ったら2人がいなくて笑いながらヒョコヒョコ戻ってきてました(笑)

そして花道の先端まで行くと相葉さんとハグハグ。
正面からぎゅーっというのではなくお互いの肩に顔を置いたようなちょっと体をずらしたハグでした。
ここもなんだかんだ言ってお兄ちゃんと弟なんだよね。もう可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎた。

相葉さんと別れて1人でセンターステージ→上手側花道へ移動。
センターステージで潤とすれ違う瞬間にタッチしてたよ!見逃さないよ!
上手側花道ではスタンド前列のお客さんに腰かがめてお手振りしたりしてたような?
(逆サイドなのであまり見えず)

曲が終わるとメインステージへ全員集合。
潤「岡田くんと斗真に大きな拍手をー!ありがとー!」
岡「ありがとうございました!」←前に出てマイクでご挨拶。
後ろで手振ってるだけの斗真くん、そのまま岡田くんとハケようとする。
潤「えっ、斗真(笑)」
呼び止められてちょっと照れ笑いしながら潤と目で会話。
ちょっ、もう、私この時の空気が好きで好きでたまらないのですが…!
潤も笑顔なのね。斗真くんも笑顔なのね。他の人は見てないから知らないよ。
超デジャブだと思ったら'01年春コンで斗真くんがハケ場所間違えた時の空気と同じだね!
あぁぁぁぁぁ絶対こんな説明じゃ伝わってないと思うけど最強に萌える空気だったんですよ。

そんで照れ笑いのまま「嵐さいこぉーーー!!」と叫んでハケ。
楽しそうだなぁ。それを見てる私は完全に酸欠でした。

 トリプルアンコール

 五里霧中

 4回目(なんて言うんだろう?quadruple?読めないよ…)アンコール

それぞれご挨拶。内容はJ-webにあるので省略。
話してる途中で(と言うかもっと前からうるうるだったけど)泣きそうになる相葉さん。
それを受けて自分の番になった途端に「ちょっと待ってください」と上向いて涙を出そうとするニノ。
もーもーニノのそういう所がほんとに大好きですよ!いい男すぎてどうしよう。
でも「俺らみたいな冷たい人間は泣けないからさ」という潤の言葉には???
泣き虫さんチームの一員とソロで泣いて歌えなくなった人が何言ってんのー(笑)

 風見鶏

歌ってる最中もまだぐすぐすして後ろを向いたりする相葉さん。
そのまま曲が終わりいつ涙がこぼれるか状態の相葉さんを観察していたら、
隣で「俺だめだぁ」とボロ泣きしてる大ちゃん。
えぇぇぇぇっ、おじいちゃんいつの間に泣いてたの!?(笑)
「だめだぁ…」の言い方がふにゃふにゃででも笑顔で幸せそうで、胸に来るものがありました。
そんなおじいちゃんをあやす(なんか違う)他メン。
おじいちゃんに釣られたのかまた(T^T)←こんな顔になってる相葉さん。
大「相葉ちゃんもだめじゃんー」
相「だいじょぶだよ!」
どう見てもだめなんだけど(笑)そんな小学生のようなやりとりにほっこり。
泣いてる人も泣いてない人もみんながほんとに幸せそうでよかった。お疲れさま。



 雑感想 

もうこの公演をこの席で余すところなく見られた、それだけで昇天しそうです。
あぁMAINが好きで良かったよー私の大好きな空気があそこにはあったよー。

「キャー潤が斗真くんの方を見て歌ってる!」それだけで喜べてたのに(笑)
まさかサンバであんなに絡んでアンコでステージに上がるだなんて。
やっぱりまだまだMAINファンは辞められそうにありません。

そしてMAINテンションが上がりすぎて、嵐コンのオーラスとしてどうだったかという判断はできません。
でも去年より好きだった。むしろHow'sの次ぐらいに好きかも。

冒頭及び本編最後にある「あなたにとって〜」という問いかけや
地獄の缶蹴りにおける進行のたどたどしさはいかがなもんかいな?とも思ったけど、
試しにやってみた感があるのでそれはそれでナマの醍醐味だと思います。
まぁわざわざ「地獄の缶蹴り」なんてコーナーづけしない方が無理がなかったかなと。
下手に台本がある分、進行(特に繋ぎMC)がデビュー2年目ぐらいのノリになっててハラハラしました。

新しいステージもお披露目したんだしどうかDVDが出ますように。
頼むよ、はぐれメタル。本家はぐれメタル


[ BACK ]