嵐 〜 LIVE IS HARD だから HAPPY 〜
'04.1.3(2部) in 横浜アリーナ

真ん中のは半分に割ったゆで卵ではありません。  開演前 

大宮SK(映像)+翔くん(ナレーション)による公演中の諸注意。
* ステージに物を投げ込まない *
→投げ込まれたタオルを踏んで転ぶ宮K。
  大S「そんなに嫌いか…そんなに嫌いか…そんなに嫌いか…」←笑。
* メンバーにいたずらしない *
→鼻先1mのところからレーザーポインターで嫌がらせしてくる宮Kを追いかけ回す大S。
* 場内での撮影はご遠慮ください *
→宮K「やめてもらっていぃですかッ!」大S「いぃですっ」
  例の大Sが横向き宮Kを抱えるポーズのまま花道をダッシュ。頑張って、おじーちゃん!
* 携帯電話の電源は切りましょう *
→公演中に音が鳴り、大Sが音の原因を取り出すと…翔「えっ、ポケットベル!?」
* 眠っているお客様はただちに起きてください *
→座席で眠りこけている大宮SK。
  お互いの頭にもたれて寝る2人は反則です。可愛すぎです。

久々のアリーナ席。しかも1列目という事で「前に人がいない!」と興奮。(安い人間です)
でも図の右下あたり(Bブロ)だったので、意外とステージが遠く微妙な感もあり。
まー肉眼で見られるだけでも御の字ですが(笑)

 la tormenta chapter II

特効と同時にメインステージに登場。
夏コンで「自分が紹介されてるの気づいてる?」とツッコまれていた大ちゃんですが、
やっぱり紹介されてる間は妙な動きでごまかしごまかし。
「どうっすっかなー」って感じでスキップ風な動きをしてたのがおかしかった。

 嵐の前の静けさ

 テ・アゲロ

♪腰つきは最高潮に〜は潤を映すと決まってるんですか!
(スクリーンに大映しの潤の軟体動物っぷり)
でもそれは腰つきじゃなくてケツつきだと誰か言ってやって!

 ココロチラリ

へいほー(Hey!Ho!)の歌。←与作かよ。

 Tokyo Lovers Tune Night

今回のセットは2階部分が駅("PINO STATION"の看板有り)のホーム、
その下がカフェ("Hard da kara cafe"←違ったかも)という作り。
そして駅にいた電車から登場のずん様。いきなり笑わせないでください。
曲はジャズ風にアレンジされていて、ダンスもジャズ風。
その後ステージ左右から翔くんとニノ(大ちゃん?大宮SK、判別しづらいよ)が登場。
3人で歌って踊った後、ステージ中央奥から相葉さんと大ちゃん(orニノ)も登場。
ずっとにのあいシンメで踊るので嬉しい。

衣装は一応黒スーツで統一されてるんだけど全員柄もつくりも全然違いました。
特に相葉さんのがすっごい可愛くてね!
上着の後ろの裾(おしりの辺り)だけプリーツスカートみたいになってて、
踊るたびにピラピラ翻るわけですよ。もーたまらんたまらん。
あと翔くんのがダボダボしてておかしかったなぁ、ピエロみたいで。
いやもっさりしてて可愛いけど…この曲でそれかよ!っていう(笑)

 台風ジェネレーション

 ハダシの未来

ニノがクレーンで真上を通過。真上すぎて見えませんがな!

 もういない・・・無い

ニノ潤曲。曲調は非常にニノ。
いや、もうお前らには「ゆずりあいの精神」っつーもんがないんかい!
というぐらいガッツンガッツン声が喧嘩してて素敵でした☆それでこそニノずん(笑)
見事なまでに2人とも俺が!俺が!な歌い上げっぷりで、
たいしたハモりもないまま最後まで突き進んだ強引さがたまらない。
ある意味最強コンビ。面白すぎる。

潤ソロの部分でメインステージに戻っていくニノとタッチ。
潤的にはあまりハイじゃないのにニノ的にはハイタッチ。←あれっ…。

 JOYFUL

翔くんソロ。(残り4人も途中から参加)
上海キンピラの曲。嘘です。
でも♪sunshine give me love〜が上海キンピラにしか聞こえなくてそればっかり気になって(笑)

スクリーンに映し出される翔くんのご幼少時代からの写真。
あーありがちありがち、っていう演出を素でやってしまう翔くんに萌えます。
しかし幼稚舎の頃はほんとに正統派おぼっちゃんですね。
かわいーかわいーかわいー!私、あのコなら丸飲みできる!絶対できる!
とか訳わかんないことを考えながら身悶え。
お陰で近くのナマ翔より遠くのチビ翔にばっかり目が行ってしまいました。

ナマ翔の方はゴージャスなバスローブみたいな衣装で登場。
下に着込みすぎてころんころんしてて可愛い。

 ピカ☆ンチ

 Lucky man

どうでもいいけど翔くんの「えっびばーですくりーーーむ!!!」が大好きです。

 言葉より大切なもの

大→薄紫・翔→サーモンピンク・相→エメラルドグリーン・二→黄色・潤→水色、のつなぎで登場。
この曲を聞くと泣きそうになるのは私だけですか(笑)
夏コンでニノがそんな↑話をしてて「わかるよ!」と手を取りに行きそうになった(危ないです)
ぐらいツボな曲です。でもSUはほとんど見てない。ごめんよニノ。

 MC  →

 Do you wanna fell like dancing?

「ちょっと懐かしい映像を…」ということでピノCM(にのあいver.)が流れる。
可愛いー懐かしいーとこれだけで大興奮のところにピノ帽子をかぶったにのあいが登場。
ギャーーー!!!!!
可愛い可愛い可愛い!!! にのあい!お似合い!

歌はえらくいい加減に歌ってましたがもももももう(落ち着け)ふたりが歌ってるだけで
その空間が可愛くて可愛くて…ッ。
見よ、このしっくり感!見たか、エスキモー!CMを2人に戻すなら今のうち!

今回のコン中(個人的に)一番テンションが高くなったところで急に曲がストップ。
ちなみにピノのかぶりものにはご丁寧にピックが刺さっておりまして、
周りでは大きめのピックを持ったJr.が踊っているわけです。(かぶりものは無し)
そしてセンターステージでポーズをとってるJr.をいじるにのあい。
二「キミ、血管が浮き出てるよ〜」
相「(ピックが)重いんじゃないのー?替えてあげるよ」←超可愛い。
二「ひとりだけポーズが違うんだよ!」←たぶん北山くん。

Jr.と交換したピックが自分で刺せない相葉さん。
相「ちょっと刺して」
二「いいよ、掛布さん」
相「えー松井くんはですねぇ…」←当然似てない。
二「あの、いまあなたが首動かしたらそれ(ピック)がガン!って当たったから
  ちゃんとまわり見てやってね?」
相「うん」
この辺のやりとりもにのあいらしくて非常にグーでした。
一挙手一投足が可愛いのね、このコたちは。

そしてメインステージでしらっとしてる3人を呼ぶにのあい。
相変わらず潤がぐれぐれすねすねモードなので、さとしょうは潤の気分が乗れば行く、と。
仕方がないので(?)会場全体で閣下コール。
するとおもむろに立ち上がった閣下、猛ダッシュでセンターステージへ向かったと思ったら
そのままもの凄い勢いで走り抜けバックステージからステージ裏へ脱走(笑)

説得された閣下が戻ってきたところで、今度は5人でブギダンダン。
しかしノリノリのにのあいとぐだぐだの3人とテンションの違いは如実。
ここはずーーーーっとにのあいシンメです。幸せすぎて死ねる。
最後のバック転もバシッと決まってきれいに終了。

 どんな言葉で

スクリーンに影が映し出されシルエットお着替えをする5人。
裏スマじゃん!と思ったのは私だけじゃないはず(こっちはほんとに生ですが)
カメラがステージ裏に入り込み、嵐は着替えながら歌います。
潤「♪悲しむ君……俺が悲しいよ
閣下、まだ落ち込み中。

 街が色づく頃(大野・相葉)

大ちゃんがオレンジベースで相葉さんが青ベースの衣装。
スウェットみたいに見えなくもない。
相葉さんがピンクと青の風船を持ってたんだけど、途中で1つ大ちゃんにあげるわけです。
で、最初ピンクを渡そうとしてたのに「あ、やっぱこっち」と青を渡す相葉さん。
やっぱりピンクがお好きなんでしょうか。
そして最後は風船から手を離し、飛んでいく風船を見守る2人。
ほんわか〜ふわふわ〜癒し系〜ってな感じで非常に微笑ましいなごみコンビでした。
可愛いなぁ…(しみじみ)

 とまどいながら

バックステージに全員集合。
間奏でにのあいがどんけつどんけつ。すごっ、すごい可愛い…ッ。
花道をゆっくり通ってメインステージに行くんですが、
後ろ向いて歩いてた相葉さんが前を歩く翔くんに衝突してました(笑)

 時代

ガスマスクをしたJr.がバックステージから行進して登場。なぜガスマスク。
メインステージ中央奥に出てきたスクリーンが燃えてその後ろから嵐も登場。
どうでもいいけどあれってすげー暑いんでしょうね。

センターステージに移動後、ステッキ持ってアクセントダンス。
衣装は銀ラメのピチピチ。新嵐であんなの着てたような…?

 so-so-so

正直「なぜこれをまた?しかも5人で?」と思ったけど、夏コンで見たよりだいぶ良かったです。
夏コンの時は大ちゃんの衣装があまりにも曲に合ってなくて
そのお陰で曲もえらくダサイものに聞こえてしまい、
しかも大ちゃん的にはそれぐらいできるでしょ?なダンスだと思ったのであまり感激もなく。
と言うか夏コンのソロは個人的には全員ダメダメだったんですが…。
(いや翔くんソロの松岡ソロに通ずる面白さはあったけどさ)

しかしこうやって5人で踊ってみると、この手のダンスにおいては大ちゃんは格段に上手いんですね!
デビュー時ならいざ知らず今でもこんなに差が出ると思わなかったよ。
完全に大野+バック4人でした。王子ー素敵すぎますー!
なので大ちゃんのカッコよさがとても際立った曲。そういう意味では大成功。
でも特効の使い方まで夏コンと同じなのはどーよ。

 君のために僕がいる

アリーナ最後尾の通路をトロッコで通過。
上手側のトロッコがニノ潤で下手側が残り3人。
ニノ潤がBOX席の前を通った時、ガラの悪い兄ちゃんたち(ウチワ所持)が
2人をぺたぺた叩いたりしてて「誰の友達だよ、ガラわりーな」と思っていたところ…
MAでした☆(笑)←アンコールで出てくるまで素人だと思ってたよ、ごみんね。

 ナイスな心意気

 SUNRISE日本

 a Day in Our Life

腹掛けみたいな原色ラメの柄がついた金ラメ衣装に肩には色違いふわふわファー。派手だ。
でも腹掛けのお陰で金太郎が5人に見える。

 A・RA・SHI

センターステージで基本振り付け(テレビでやるやつ)。
久々に見たなぁ、そういえばバック転できる組とできない組で分かれてたりしたなぁ…などと回想。

 明日に向かって吠えろ

相葉さん?がギャェー!!だのキィェー!!だの叫んでたらニノに「うるせーよ!」と一喝される(笑)
衣装は蛍光色の色違いノースリ。

 冬のニオイ

メインステージで翔くんによる曲紹介。「この曲です。聞いてください」
…?え、この曲なに?こんな曲知らないよ?ピカ☆☆?まさかね?と相方と困惑。
結局ピカ☆☆のc/wじゃん?という結論に…いやーまさかとまどいのc/wとは(笑)
2人して聞いたことなかったので曲名が判明したのは5日でした。ダメすぎだ。

5人で例の電車に乗ってハケ。
最後まで窓からお手振りしてる潤の横で、大ちゃんと喋ってるニノ。こらこら。

 アンコール

 感謝カンゲキ雨嵐

ラップ部分で大ちゃんが翔くんの後ろで千手観音みたいなのをやってたのはここかなぁ…?
5日にもやっててとても可愛かったのです。
最近さとしょうは仲よしさんですね。おおいに結構。

 WOW

MA登場。翔くんはクレーンに乗ってしまったのでパナと絡まず。残念。
代わりに屋良ちゃんと大ちゃんが絡んでました。
誰だかのウチワを持った屋良ちゃんに大ちゃんが「あおいであおいで!」とおねだり。
屋良ちゃん、バタバタと大ちゃんをあおぐ。と言うかぽすぽすと頭をたたく。
…か、可愛すぎるぞ、そこのネコとたぬきー!(…た、たぬき?)
キャッキャ、キャッキャ☆とお花をまき散らしてました。おぉ、なんと可愛らしいことよ。

閣下はデーモン笑いで退場。
どうでもいいけどメガネしたアッキーは普通すぎる。



 雑感想 

夏コンのダイジェスト版追加公演、そんな感じ。
個人的にHow's itは史上最高に楽しい、且つ完成度の高いコンサートだったので(※)
それに比べると「あーまぁ、こんなもんか」と。
かったるい曲(すんません、私の中でBlueなどはこれに該当します。ニノソロは言わずもがな)が
なくなって、微妙だったソロも一掃されて、全体の時間も短くなって…
まぁ悪い部分は削って新しい部分がほとんど無いんだから、そこそこ楽しくて当然。
でもそれだけでしかなかったな、と。
ぶっちゃけた話、夏コンから進歩した?大丈夫?という不安もあり。
いっそツアータイトルがHow's it going??(ピカ☆☆にならって"??"で)なら
もっと割り切って楽しめたと思う次第です。はい。

※ソロ等のマイナス点も色々あったけどそれを補って余りある勢いがあったし、
あそこまでエンターテイメント性の高いものを嵐ができた事に感動しました。


そんな微妙なコン事情に華を添えたピノソング(笑)
仕方ない、今回はピノに5800円!と思えば悔いはない。←それもどーかな。
にのあい最高。にのあい万歳。どれだけ自分がにのあいラバーか再確認できました。
P.P.P.は1+1で100…いや1000の可愛さになるおふたりさんを応援します。


[ BACK ]